ドライクリーニングの勉強

 

京都府 向日市 で本格クリーニングを提供する

クリーニング シミズ 清水 幹央 です。

 

昨日は京都市内までドライクリーニングの勉強に行ってきました。

ある程度の基礎知識は身に着けていますが、日々進化する洗剤や助剤の

情報収集もかねて行ってきました。

 

講師は私どもと同市内にあるエイエムジー株式会社 の 原課長

AMG原課長

溶剤管理とはっ水剤にいて学んできました。

改めてクリーニング店で行っているドライクリーニングの良さを

お客様にもお伝えしたいと思ったのでドライクリーニングについて

少し書かせていただきます。

 

 

クリーニング店のドライクリーニングは水を使いません。

では なにで洗うのでしょう?

 

はい 石油 です・・・? ? ?

原油を精製してガソリンや灯油ができているように

原油を衣類のクリーニングに適した溶剤に精製して出来ているのが

石油系ドライ溶剤と言います。

 

この溶剤に少量(約1%)の石鹸水を撹拌して行う

クリーニング(洗浄)の事をドライクリーニングと言います。

ほとんど水分が含まれていない乾いている=ドライと言う意味で

ドライクリーニングと言っています。

水を使わないのでウールやシルク、レーヨンを洗っても

収縮しない

ほとんどシワにならない

型崩れしない

色泣きしない

風合いが変わらない

こんなメリットがあります。

 

家庭洗濯のドライコースやドライマークが洗える洗剤は

メインに水を使いますのでクリーニング店のドライクリーニング

と大きく異なります。

 

やり方の違いをご理解いただければ幸いです。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます

今日はここまで・・・つづく

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

清水 幹央

京都府 向日市 東向日 クリーニングシミズ 店主 1973年京都府向日市生まれ、1992年家業であるクリーニングシミズに就職 向日市を中心に直営店を展開しながら、業務用ユニホーム法人部門を担当。 しみ抜き技術者としても、2011年 明日の名工 京都府青年優秀技能者奨励賞表彰を受賞  京都府知恵の経営 認定モデル企業も取得。 町おこしとして注目を集めている京都向日市激辛商店街にも「辛口おやじの激辛しみ抜き」で飲食店以外の店舗として初加盟。新聞 テレビ ラジオから多数取材を受ける。現在は副会長として運営に携わっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください