府立高校で被服科の授業を担当させていただきました

 

阪急東向日駅 徒歩1分 クリーニングシミズ 店主の清水幹央です。

 

昨日は京都府クリーニング生活衛生同業組合からのご依頼で

山科にある府立東陵高校の被服科の授業を担当させていただきました。

 

外環線経由で約30分で到着。

 

ご担当の先生と合流し早速実習室で準備を開始しました。

この日のために色々と揃えた小道具をセット

 

 

学校からいただいた授業のテーマは

学科は「衣類の汚れ 種類とその処理方法について」

実習は「カッターシャツのアイロン掛け」と言うことで2本立

 

2時間目 学科の授業からスタート

一方的に説明するのは簡単ですが、生徒さんの興味を誘い関心を持っいただく

高校3年生18歳 微妙な乙女心をおっさんがつかむのはかなり難題!!です。

 

 

今回は業務用アイロンの紹介を兼ねて生徒さんに手渡してみました。

 

(写真 秋田県えびすやクリーニング様より 拝借)

 

見た目よりかなり重い2キロ以上のアイロンを手にした生徒さんから笑いがおこり

「ヤバ」「まじヤバ」と良いリアクションと共に場の空気が和みつかみはまずまず成功。

 

出来る限り専門用語を使わず、小難しくならないよう

クリーニングってなに? ドライクリーニングってなに?

しみ抜きのやり方注意点は?と実験をはさみながら授業を進めます。

 

 

 

学校からいただいたテーマに加え

「消臭剤の使い方と注意点」

「製造から約3年で劣化が始まるポリウレタン素材」

について説明をさせていただき無事授業が終了しました。

 

3時間目はカッターシャツのアイロン掛け実技

実習室に移りクリーニング組合の土野先輩が実演

 

 

のち一人づつアイロンとアイロン台を使い実習スタート

橋本理事と私もアシストしながら授業時間内にすべての生徒さんが完成。

 

 

あっという間の2時間で充実した授業ができてました。

 

新たな課題も見つかりさらに改善をして

一人でも多くの方に正しい知識を知っていただき

クリーニングの良さや素晴らしさを伝えることが出来ればと思います。

 

この場を与えていただきました 京都府様  京都クリーニング組合様

京都府立東稜高校様 向山先生 生徒の皆様 ご関係者様 に感謝申し上げます。

 

 

 

The following two tabs change content below.

清水 幹央

京都府 向日市 東向日 クリーニングシミズ 店主 1973年京都府向日市生まれ、1992年家業であるクリーニングシミズに就職 向日市を中心に直営店を展開しながら、業務用ユニホーム法人部門を担当。 しみ抜き技術者としても、2011年 明日の名工 京都府青年優秀技能者奨励賞表彰を受賞  京都府知恵の経営 認定モデル企業も取得。 町おこしとして注目を集めている京都向日市激辛商店街にも「辛口おやじの激辛しみ抜き」で飲食店以外の店舗として初加盟。新聞 テレビ ラジオから多数取材を受ける。現在は副会長として運営に携わっております。

最新記事 by 清水 幹央 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください